ジョニー・デップ100万ポンドの寄付は誤報?

ジョニー・デップに関してのニュースで最新のものは、

自分の娘の命を助けてくれた、英国の小児病院にひそかに大金を寄付していたとの以前の報道が事実ではなかったというものですね。

何せ、急性腎不全で入院した娘が無事治ったお礼の印として100万ポンド(約2億1000万円)もの大金をを寄付したと伝えられていましたので、これが誤報でしたら残念な事ですね。

寄付を受けたと伝えられたロンドンの小児科専門病院グレート・オーモンド・ストリート病院側が、寄付の事実はないと否定していますので、寄付はなされていなかったのでしょうね。


ジョニー・デップ主演の映画で、

ディズニーのテーマパークのアトラクション「カリブの海賊」を映画化し、ディズニーランドのアトラクションよりも楽しいといわれている、

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド』の主人公のジャック・スパロウをも凌ぐかっこいい行為だと思っていましたのでがっかりしました。



アメリカのサインコレクター雑誌「オートグラフ・マガジン」が発表した「ファンにサインする際に態度が丁寧なハリウッド・スター10傑」で3年連続1位に輝いているジョニー・デップ

同誌はデップさんについて、「穏やかで気さくながら、サインをしつつファンに話し掛けて親しくなろうとする」と評価しているようだ。


自分のフアンのことを「フアンではなくサポーターだと思っている」と言っているジョニー・デップだからこそ出来るフアンサービスかもしれません。

レッドカーペットを歩く時にも、他のハリウッドスターが20分間かけて歩くところを、ョニー・デップは一時間はかけるようです。

ちなみに、2位はマット・デイモン、3位はジョージ・クルーニー。


パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドのほか、スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師で、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞し、今ハリウッドで一番稼いでいる俳優としても知られているジョニー・デップ。

フアンサービスも一番で、稼ぎに稼いで、使うときには信じられない額を寄付する、さすが、ハリウッドのスターはやる事が違うと思っていましたので誤報とは・・・。

何か裏があるのかな・・・?
Powered by さくらのブログ