パリス・ヒルトン、自ら女性専用州刑務所に入監す。

ハリウッドゴシップ常連のパリス・ヒルトン、さすがです!!

6月3日の夜11時半に、
ロサンゼルス郊外にある女性刑務所に自ら入ったそうだ。


飲酒運転で免停中に運転を繰り返し、45日間の禁固刑を
命じられたセレブスキャンダルの大御所のパリス・ヒルトン。


運命の収監日は6月5日となっていましたが、

なんとその2日前に自らカリフォルニア州ロサンゼルス近郊に
ある女性専用の州刑務所に出向いたとか・・・。



3日午後には、MTVムービー・アワードの授賞式に現れ、

「怖いけど、服役する準備はできている。若い人の見本に
なるわ」 と話していたばかり。


「何でお前が若者の見本になれるんだ!!」 という突っ込み
たいところですが我慢して、

本当に殊勝でけなげなパリスヒルトン。

相当可愛く見えました。


米カリフォルニア州のシュワルツネッガー知事に減刑願いを
出すなど最後の悪あがきをしていたパリスヒルトン。


さすがに決めるところは決めますね。

なぜ2日も早く入監したのか?


パパラッチ対策です。  要するに刑務所に入る所を
見せたくなかったということですね。


ロサンゼルス近郊にある女性専用の州刑務所の収容人数は
約2200人。


ヒルトンホテルの創業者のひ孫のヒルトンさんは、
有名人や警官などが収監される場合に使う部屋に入るようだ。

もちろん個室です。


部屋の広さは8・9平方メートル。食事は鶏肉が主食。

毎日最低1時間、テレビ、シャワー、電話が使用できる
共同スペースで過ごすことができるそうで。


素行が良い場合、刑期は23日に短縮されるとか・・・。


女性刑務所に収監されたパリスヒルトン。  
一切特別扱いはないそうですが・・・


オレンジ色の受刑服を着たパリスヒルトン。


大変愛想良く、礼儀正しいということですので、

今のところ、
刑期は短縮され、6月26日までになりそうだとか・・・。



刑務所では規則正しい生活が待っています。

朝6時起床。夜9時就寝の。

週末は面会が許されるそうですので、家族からの話が
伝わってくるかもしれません。



なにやら、パリスヒルトン。

一人っきりになるのは生まれて初めてのようで、

刑務所の厳しい規則。

『文句を言ってはいけない。

プライバシーを要求してはいけない。
(個室のドアのガラス越しにトイレの様子も丸見えだとか!)

自殺を図ってはいけない。

本当に死にそうな時意外は非常ボタンを押してはいけない。』

に加え、

与えられるものは、

主人服2着。靴下2足。下着2枚。ブラジャー1枚。枕1個。
毛布1枚。シーツ2枚。鉛筆1本。紙1枚・・・

の質素な生活に耐えることが出来るでしょうか?


「女性専用の州刑務所」

とにかく、看守に敬意を払わないことには、
何事もスムーズに進まないようです。


「他人に敬意を払う!」 
これがパリスヒルトンにとっては一番難しいことでは
ないでしょうか?


NYの蝋人形館のパリスヒルトンも、昔の縞模様の囚人服を
着せられたとか・・・!

みんなで楽しんでます!   パリスヒルトンの収監。


でも一筋縄ではいかないパリスヒルトン、

もうすでに出所後の事を考えています。


なんと、 「獄中日記」 を出版する予定だとか・・・。


今年の終わりには出版される予定とのことですので、

「セレブ、パリスヒルトン獄中日記」 

期待して待つことにしましょう!!


 






Powered by さくらのブログ